何度もふりだしへ戻るような感覚を経て

戻れない場所まで前進していた事を思い知る


断たれた退路と反対方向へ歩めたなら

臆病者と笑うものはいないだろう