IMG_0417



その距離感の濃淡にある境目

きっとそこが最も居心地の良い場所


それ以上に踏み入れても

壊れる危険性があって


そこから後ずさっても

心臓の底が欲するような