これが日常だった、ということ


それに気づくのにも時間がかかるほど


風に追われるような夕暮れ