IMG_0150


36回目の春だろうか。
飽きもせず毎年春を待ちわびている。
匙を投げたって、思考停止したって春は来て
暖かい日差しにたくさんの自然が共鳴して
楽しませてくれるから少しだけ心が軽くなる。
震えて眠れない夜も、吐き気のする朝も
何とかして立ち向かおうと思えるのは。