少しずつ歩幅が大きくなっていく

君の後ろ姿を追いかけるのが

大変になったけど


どうか君は僕に似ず

精一杯、そしてのびのびと

いきられる人生にしてあげたい



僕は君を絶対に護りきる