忙しさのあまり

心に余裕がない時も

君を放棄したりしないよう



ぼく以外にいない


18年後も言えるように


ぼくでなければならない