1日の大半を支配されたような感覚


緻密かつ繊細だからこそ

君の言葉を逃さず捕まえる


地球にとっての陸地のように

生きてく上での土台だと気づく