だからこそ気づけた

2度はないと



私ができるのはここで

手を振るだけ



警報音を横切る風

窓ガラスに映る自分