楽しみや喜びなど

感情の共有を極力避けた



君の世界と一線を画す為