顔も知らない誰かの言葉で

今まで必死に保ち続けた芯がゆらぐ

結局、僕らが守ってきたものなんて

目に見えないほど小さく儚い