image



私は正しかったと言える道にしたい

それが世間的に少数の道でも



大切だったひとつやふたつを

投げ捨てて今

大切なものが守り続けられるなら